公式ツイッターやってます!

プロット大正ロマン一カラ(旅松)

1
0
一カラ 時代設定 大正(なんちゃってでいいです) 一松  文豪(たび松大正ロマン) カラ松 バンカラ(たび松大正ロマン) カフェー表記はワザとです。よしなに 一松(32) トト子の働くカフェーの奥にあるボックス席を陣取っていつも作業をしている。執筆作業よりは校正作業やネタを考えたりなど。カフェーにわざわざ来ているのは人間観察も兼ねている。 現在執筆中の作品は2匹の猫が探偵業を営んでいる話。その世界では人も猫も犬も等しく二足歩行し、口をきき、頭を使う。気まぐれで皮肉屋なサバ虎にいつも振り回される黒猫の話は雑誌で連載していていくつか単行本も出ている。本人は否定するが売れっ子作家である。 服装は和服に帽子やキセルなどを合わせた和洋折衷スタイルで自宅はカフェーからほど近い場所にある。家の前に大きな栗の木があって秋の時期は庭にまで転げ落ちてきた実をよく拾う。猫が好き勝手に出入りしているが定住しているわけではない。オレンジの毛皮の先生、と呼ばれる猫だけは一松の家をねぐらと決めているようだがここには入るなと言われている場所には入らない賢い猫である。(エスパーニャンコ) カラ松(22)大学生 都内有数の財閥の御曹司だが本人はそれを隠している。 弟が一人いて、その弟が優秀なのでできれば家業は弟に継いでほしいと思っている。(弟はトド松) 学校の成績だけで言えば確かにトド松の方がうまくやっているがカラ松は幼い頃から本をたくさん読んでいたためになんだかんだ知識量は多い。ただどうしても自分は考えるのが遅いので商談などの場ではトド松のようにうまく立ち回ることができないと思っている。 トド松(19)から見たカラ松 確かに考えはゆっくりだけれど確実に自分たちに有利な答えを見つけてくる。何か失敗したときなどの対処が早い。自分が表立って事業を動かして判断が必要なときに指示を仰げる存在でいてほしい。そうでなくともカラ松を見放した両親はトド松に必死にいい成績を修めさせるために塾に通わせたり家庭教師を呼んだりと自由になる時間がなかった。泣き出しそうになった時にカラ松が連れ出してくれて、何か言われたら全部俺の所為にしたらいいと笑った兄に何度も心を助けられている。カラ松には自由でいてほしい反面、判断能力の高さからやはり自分の近くにいてほしいと思っている。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?