公式ツイッターやってます!

日々の観測記録 2022/3/18【通算55話】

2
1
【はじめに】 本シリーズを読むにあたっての諸注意を以下にまとめています。 初めての方は一度ご確認いただければ幸いです。 https://www.fav.fan/Likely_15Night/Dkdl6 ____________________________________ 家主「ただいまー」 シーン…… 家主「……おいおい、あいつ、まさかまた布団雪崩に巻き込まれてるんじゃないだろうな?」 * * * ガラガラ 家主「んー、流石に今回は違ったか……」 幽霊「すぅ……すぅ……」 家主「ん?(チラッ」 幽霊「ぐー……zzz」 家主「って、寝てる……珍しいな、昼寝なんて」 幽霊「すやり……」 家主「……こうしてると、普通に生きてる女の子にしか見えないんだけどな」 家主「……8歳で死ぬなんて、やっぱり早すぎるよな……」 幽霊「ん……みゅぅ……? おやぬししゃまぁ……?」 家主「おう、ただいま」 幽霊「えへへぇ、おかえりなしゃぁい……ぐぅ……zzz」 家主「……もう少し、寝かせてあげよう」 * * * 家主「……8歳の女の子が死んだとなれば、ネットニュースには載ってるだろ」 今まで、彼女と共に過ごしてきて、それなりの信頼関係は築けていると思っている。傍から見れば、兄妹のような関係性に見えるのではないか、とも思う。 でも、あの子は俺に完全に心を開いている訳ではない。俺は彼女の“今”に着いては誰よりも理解しているが、彼女の“過去”については、没8歳であること以外、何一つとして知らないし、教えてもくれないのだ。 何度も彼女の過去について問い質した。しかし、帰ってくる答えはいつも『教えたくない』『知られたくない』『言いたくない』……そんな言葉ばかりだった。 もしかしたらそれは、同居人に気を使って欲しくないという、彼女の優しさなのかもしれない。自分の過去を知られてしまうことで、今の関係が壊れてしまうかもしれないことを、恐れているのかもしれない。思い出すのもはばかられるほど、辛い過去なのかもしれない。 だが、俺は知りたい。生憎、好奇心は人一倍旺盛な性格だ。そうでなければ、心霊物件に住もうだなんて思わないし、そこに棲む地縛霊と親しくなんてなっていない。 俺は全てを明らかにして、自らの知的好奇心を満たしたい。それだけのために、今、彼女の想いを裏切ろうとしている。そんな事実に罪悪感を覚えるが、それでも、キーボードを打鍵する俺の指は止まらない。 情報を調べ続けて暫く経った頃、一つの見出しが目に止まる。 『女児失踪、8歳の小学生』 記事の内容を読んでみると、地域もこの住所と一致していた。この記事の中では、少女の捜索願いが出され、捜索中である旨で結ばれており、その後少女がどうなったのかについては、書かれてはいなかった。 そう、この記事の中では。 関連記事として表示されたその見出しに、俺の鼓動は早まる。 『失踪中の8歳女児、遺体で発見。逮捕された叔母「殺すつもりは無かった」』 間違いない、そう確信した。この記事だ。 俺は震える手でマウスを動かし、カーソルを見出しに乗せる。 そして、記事を開こうと、人差し指に力を込めた。 ――その時。 プツンッ! 家主「あっ!」 突然、視界が暗闇に染まる。部屋の電灯も、パソコンの画面から放たれる光も消え、黒だけが眼前に広がっている。 家主「停電……? いや、ブレーカーか?」 ブレーカーを確認しに行こうと立ち上がった瞬間、首筋に冷たい感触が走る。 家主「……!」 やがて、冷たい感触は圧迫感を伴っていく。 ……これは、手だ。冷たく冷えきった手が、俺の首に宛てがわれているのだ。 それに気が付いた途端、冷たさや圧迫感は消え……耳元で、囁くような声が聞こえる。 声『.҉̧̞͒͞シ.҈̪҇̆̾̚͜ラ.̴̨̲̪̀͌͞ナ.҈̡͍͗͆͠ク.̶̖̟̜̂̔͜͞テ.̵̢͒́͠イ.̵̡̟̲͗̇̔͠ͅイ.҈͈̋̕͜ノ.̷̧̥̩͊́̚͡ニ.̸̩҇͋͆̓͢』 ああ、この声は。耳に馴染む、この声は。 次の瞬間には、何事も無かったかのように、部屋の灯りは点いており、俺は立ち上がっている訳でもなく、マウスを持ったまま椅子に座っていた。 今のは、一体……? そう疑問に思っていると、トタトタと廊下を歩いてくる音が聞こえる。 やがて、足音の主はこの部屋まで辿り着き、扉を開けた。 幽霊「あっ、やっぱり帰ってたんですね、お家主さま! ごめんなさい、わたし寝ちゃってて、お出迎えできませんでした……」 家主「ああ……いや、いいよ。気にしないで」 幽霊「……? あれ、お家主さま、どうしたんですか? なんか、すごい汗ですよ?」 家主「……なんでもないよ」 そういい、俺は彼女の頭を撫でる。 その背後、パソコンの画面には、ページが削除されている旨を告げるエラーメッセージが表示されていた。 ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはキャラ設定テキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?