公式ツイッターやってます!

【再】日々の観測記録 2022/1/31【通算28話】

1
0
※今回の文章は2019年5月頃に執筆した内容の微修正版となります。とはいえ初出です。 ____________________________________ 【概要】 ・自創作のキャラ同士が数行程度の会話してるだけのSSです。基本的に台詞オンリーだけど筆が乗ったら地の文も書くかも ・作品内にキャラやストーリーについての解説等はありません。本編が出来るのを待ってくださいお願いします ・毎日更新ではありません。最低でも一週間に一回更新出来ればいいかなーと思ってます ・いいね特典(限定公開範囲)は基本的に登場キャラの設定テキストのみ。本編はいいねしなくても全部読めます ____________________________________ リコウリソイ「本日はお招きいただき、ありがとうございます……」 ロイヒァレゲウ「ありがとうございます」 シフォン「そんなかしこまらなくていいんだよ? 日頃のお礼として、一緒にご飯食べよーってだけだし」 カラ「そうそう、友達の家にご飯食べに来たノリでいいよ」 リコウリソイ「と言われましてとも、そのような経験がないもので……」 カラ「ぼっちだったの?」 リコウリソイ「友達と言える関係の方はいませんでした」 シフォン「じゃあ、わたし達が最初のお友達なんだね!」 リコウリソイ「お友達……はい、お友達です!」 ロイヒァレゲウ「……良かったな、リリ」 シフォン「ロイもお友達だよ」 ロイヒァレゲウ「は?」 ロイヒァレゲウ「しかし、その……」 リコウリソイ「ロイ様?(ニコォ」 ロイヒァレゲウ「……あぁ、友達……ですね、はい」 リコウリソイ「うふふ」 リーヴェ「お待たせー」 ノワール「ほいっと。どんどん食えよー」 リコウリソイ「まあ……肉じゃがですわ!」 ノワール「好きなのか?」 リコウリソイ「ええ」 ロイヒァレゲウ「ふふ……」 ノワール「でも、味覚がないんじゃ……」 リコウリソイ「確かに、味は分かりませんが……」 リコウリソイ「肉じゃがには思い出がありますの」 ロイヒァレゲウ「ふふふ……」 ノワール「さっきからやたら嬉しそうだな、ロイ……」 ロイヒァレゲウ「気にしないでください」 リコウリソイ「ロイ様が私に――」 ロイヒァレゲウ「リリ、早く食べないと冷めてしまうぞ」 リコウリソイ「あ、はい」 リーヴェ「リリちゃん肉じゃが好きなの?」 リコウリソイ「はい!」 リーヴェ「良かった。いっぱい食べてね」 リーヴェ「……そう言えば、皆の好きな食べ物って聞いてなかったわよね」 カラ「確かに、言った覚えもないよ」 ユウサ「俺は肉だ」 ノワール「普段魚釣りばっかりしてる癖に?」 ユウサ「それとこれとは話が別だろ?」 シフォン「ノワールが好きな食べ物は知ってるよー」 リーヴェ「うん。アップルパイ」 ノワール「まあなんでも好きだけどな」 ノワール「で、シフォンが文字通りの目玉焼き」 シフォン「プチプチしてておいしいよ!」 カラ「美味しいよね」 リーヴェ「カラの好きな食べ物が一番予想できないわ」 カラ「私の好きな食べ物は……血?」 ユウサ「またお前はそう言う……」 カラ「それ以外思い付かないし」 ノワール「まあ、健常者でもスッポンの生き血とかは普通に飲むし……」 カラ「え、何それ。スッポンってなに? すっぽんぽん?」 ノワール「亀の一種だよ。現世じゃ昔はスッポンの血は体にいいとかで、料理とか飲み物に混ぜて接種する事があったんだとか」 カラ「うわー、私も飲んでみたかったなぁ。こう、丸々一匹分の血を一気飲みとか」 ノワール「そんなガブガブ飲むものじゃないと思うんだけど……」 ノワール「ロイはどうだ?」 ロイヒァレゲウ「え、いや、私は……」 ユウサ「いいじゃねぇか、教えろよ!」 ロイヒァレゲウ「しかし、わざわざそのような事を知らなくても……」 リコウリソイ「ロイ様が言わないのでしたら、私から言いますわよ?」 ロイヒァレゲウ「ああもう、わかった……肉じゃがです。リリと同じで。」 ノワール「ふーん」 シフォン「君たち本当に仲良しなんだねー」 リコウリソイ「はい。ロイ様には親しく接して頂いております」 ロイヒァレゲウ「俺が冥教に入信したのも、リリに影響されたからです」 ロイヒァレゲウ「彼女は本当にいい子なんです。どうか、よろしくお願いします」 リコウリソイ「もう、ロイ様……」 リコウリソイ「でしたら、皆様もロイ様をよろしくお願いします」 カラ「なんだろ……リスカしたくなってきた」 ユウサ「するな」 カラ「も〜お熱いんだから」 リコウリソイ「?」 ロイヒァレゲウ「私とリリはそういう関係ではありません。どちらかというと、兄妹……」 ロイヒァレゲウ「いや、なんでもありません!」 カラ「シスコンか〜」 ロイヒァレゲウ「はぁ?(ギロッ」 カラ「あっ目が怖い!!」 ワイワイガヤガヤ リーヴェ「ふふ……」 リーヴェ「冥教の人って、思ってたよりも優しそうね」 ノワール「他の奴らは知らないけどな。たぶん、この2人は根っからの善人だよ」 リーヴェ「そうね。……話しそびれちゃったけど、私の好物、聞きたい?」 ノワール「ああ、気になる」 リーヴェ「その、あんまりかわいい物じゃないんだけど……鶏肉が好きなの。特に手羽先」 ノワール「へぇ……それって、魔物のトリを食うのか? それとも、普通に鶏とかいる?」 リーヴェ「鶏よ。現世の鶏と同じかは分からないけれど」 リーヴェ「今度ノワールにも振る舞うから。手羽先の唐揚げ、美味しいよ」 ノワール「楽しみにしてるよ」 リーヴェ「うん」 カラ「あー、ここからもリア充オーラを探知したぞー!」 リーヴェ「ちょ、そんなのじゃないってば!」 カラ「顔を真っ赤にしてぇ〜、怪しい!! 暴いてやるー! うりゃ〜!」 ロイヒァレゲウ「……彼女は酔っているのですか?」 ユウサ「いや、間違いなくシラフだ……」 ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはキャラ設定テキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?