公式ツイッターやってます!

日々の観測記録 2022/5/26【通算70話】

1
0
【はじめに】 本シリーズを読むにあたっての諸注意を以下にまとめています。 初めての方は一度ご確認いただければ幸いです。 https://www.fav.fan/Likely_15Night/Dkdl6 ____________________________________ 佐藤「……暇だなぁ」 結町「……(ジーッ」 佐藤「なーんか面白いことないかな〜……ねぇかぁ」 結町「……(ドキドキ」 佐藤「…………」 結町「……(ソワソワ」 佐藤「……あの、そこの君、何か用……?」 結町「っ!? ひゃあああっ!!(タタタタタ……」 佐藤「えっ、ちょっ……行っちゃった」 * * * 〜その翌日〜 佐藤「…………」 結町「……(ジーッ」 * * * 〜そのまた翌日〜 佐藤「…………」 結町「……(ジーッ」 佐藤「……だから、何か用?」 結町「うひゃぁぁあ!?(タタタタタ……」 佐藤「……ストーカー?」 * * * 〜一週間経ちまして、放課後〜 佐藤「…………」 結町「……(ジーッ」 佐藤(今日も見られてるな……) 結町「……よし!」 佐藤(あれ、こっちに近付いてくる) 結町「あ、あのっ!!」 佐藤「な、なに?」 結町「……入部しませんか?!」 佐藤「何に?!」 * * * 佐藤「……えーっと、つまり、結町さんは新しい部を立ち上げたいから、俺に部員になって欲しい……ということでいいんだよね?」 結町「は、はいっ! 佐藤せんぱいは帰宅部って聞きましたので……!」 佐藤「……あの、作りたい部の名前、もう一度聞かせてもらっても?」 結町「はい! 『世界征服部』です!」 佐藤「……何をする部なの?」 結町「えへへ……私が魔王になって、世界を征服するための部です……!」 佐藤「いや照れながら言われても」 結町「せんぱいは、世界征服に興味ありませんか……?」 佐藤「興味あるなし以前に、絶対通んないよ? 申請」 結町「あぅぅ、せんぱいまでそんなこと……」 結町「でもわたし、どうしても世界征服部を作りたいんです……協力してくれませんか、せんぱい……?」 佐藤「そう言われてもなぁ……」 結町「せ、せんぱいが望むなら、世界の半分をさしあげます! ……ダメ、ですか?」 佐藤「……どうして俺なの?」 結町「その……他の子に頼んでも、話半分でしか聞かれへんかったり、馬鹿にされたりして……」 結町「でも、せんぱいなら、きっと話聞いてくれるかなって……」 佐藤「俺なら?」 結町「だって、せんぱいも魔王に憧れてるんですよね?」 佐藤「え゛」 結町「主人公よりも悪役の方が好きなんですよね?! 勇者の仲間になるよりも魔王に仕える方がいいんですよね?!」 佐藤「ど、どこでそれを……」 結町「あっ、そのっ、この前……」 * * * 〜ある日の帰り道〜 男子A「お前、やっぱあのゲーム“魔王様”推しになったか〜」 佐藤「まーなぁ」 結町(魔王様……!? あの人、今魔王様って言った!!) 佐藤「マジでめちゃくちゃカッコいいじゃん魔王。随一だよ随一」 男子A「俺は普通に主人公の方が好きやけど、佐藤はいっつも悪役推しになりがちやな」 結町(悪役推しなんやあの人……!) 佐藤「でも魔王は悪役って訳でもないんじゃないか? 確かに人間視点からは悪に見えるけど、魔王には魔王なりの正義があるって感じ」 結町(魔王には、魔王なりの正義……!) 男子A「じゃあやっぱり例の分岐では?」 佐藤「うん、魔王の方に味方したいなぁと。勇者側に行っても楽しそうだけど、魔王の配下として仕えたいという個人的欲求には抗えない」 結町(魔王の配下として、仕えたい……!!) 結町(あ、あの人や……! あの人しかおらん〜!!) * * * 結町「ということでしたので……!」 佐藤「いやそれゲームの話だよ?!」 結町「でも、私もゲームから魔王に憧れたので……!」 結町「せんぱいさえ良ければ、不束者な魔王ですが、私に仕えてみませんか?!」 佐藤(もう魔王気取ってるよこの子……) 結町「……(ジーッ」 佐藤(なんか変なことに巻き込まれてるけど……でも、暇であることには変わりないしなぁ) 佐藤(それに、後輩に頼られるなんて滅多にないし、あの期待の眼差しを無下にするのは可哀想だよな……) 結町「……あ、あの、やっぱり……」 佐藤「いいよ」 結町「そ、そうですよね……やっぱりダメ……って、え?」 佐藤「その……世界征服部? に、入ってもいいよ」 結町「……ええぇええええ?! ほ、ほほ、ほんまに?! いいんですか?!」 佐藤「ただ、入るからには、こっちも色々口を挟ませてもらうよ。いい?」 結町「は、はいっ! せんぱいは、私の腹心ですので……遠慮なく、なんなりと!」 佐藤(もう腹心扱い??) 佐藤「あー、とりあえず、ずっと立ち話もなんだし、どっかお店入る?」 結町「あ! そ、そうですね! 行きましょう!」 * * * 佐藤「――つまり、世界征服部として申請を出すことは、絶対オススメしない」 結町「は、はぁ」 佐藤「部さえ作れればなんでもいいなら、表向きは別の部として申請して、世界征服部としての活動は裏でこっそりやる……とか」 結町「わぁ……! なんか、秘密結社って感じですね……!」 佐藤「あ、そういうのも好きなの」 結町「えへへ……」 結町「でも、どんな部として申請すれば良いのでしょう?」 佐藤「まあ、他の学校にはあるけど、うちの学校には無い……みたいな所を狙うのが確実かな」 佐藤「確か、学校のホームページに、部の一覧が載ってたはず……」 佐藤「……あった。このページ」 結町「じーっ……うーん、ここにない部って言われても、パッとは思いつかないです……」 佐藤「そうだなぁ。君、なにか趣味とかある?」 結町「え? えーっと……編み物とか、アクセサリーみたいな小物作りは好きで、ようやってますよ」 佐藤「……それだ」 結町「ふえ?」 佐藤「手芸部はうちの学校にない。狙い目だよ!」 結町「しゅ、手芸部ですか……! 世界征服と一番正反対にありそうな部活ですけど……」 佐藤「なら、カムフラージュにはもってこいじゃない? それに、どうせなら楽しく活動できた方がいいでしょ」 結町「おぉ……なんかそんな気がしてしました! では、世界征服の第一歩は手芸から始めましょう!」 佐藤「……君のいう“世界征服”の定義が気になるところだけど、まあ、そういうのは後で聞くよ」 佐藤「あとは人数と……顧問の先生が必要か」 結町「うっ……」 佐藤「確かうちの学校は、生徒が最低2人と顧問の先生1人で申請自体は可能だけど、少なくとも5人参加人数がいないと、申請が通ることは無いって聞くよ」 結町「5人かぁ……」 佐藤「まあ、手芸同好会として参加者を募れば、集まりはするんじゃない?」 結町「同好会……? あ、そっか。いきなり部は無理なんやっけ」 佐藤「うん。まずは同好会から始めて、功績を挙げたり、長い間活動を継続したりしたら、部として認められる事もある……って感じだったかな」 結町「じゃあ、しばらく私達は『世界征服同好会』ですね!」 佐藤「物騒なことを同好してるなぁ……」 佐藤「まあ問題は顧問の先生だな」 結町「うーん……世界征服に憧れてて、手芸も好きな先生……おらへんかなぁ」 佐藤「絶対いないよ?」 結町「なんでそんなこというんですかぁ、せんぱい……」 佐藤「まあそれはそれとして、とりあえずはがんばろっか。手芸同好会」 結町「そうですね……あ、せんぱいせんぱい」 佐藤「なぁに?」 結町「せんぱいは今日から私の配下ですので、忠誠を誓ってください」 佐藤「……は?」 結町「ち、誓ってくださいよぉ素直にそこは……」 佐藤「はいはい。こういうのは形から入るのも大事だもんね」 結町「ですですっ」 佐藤「……未来の魔王様、俺は貴方に忠誠を誓います」 結町「ぉ、おぉ……!」 結町「くっ、くるしゅうない!」 佐藤「……その返答はなんかおかしくない?」 結町「突っ込まないでくださいよ〜!」 * * * 〜翌日〜 結町「えっへへ〜、きょっうかっらせんっぱいっとせかーいせーいふく〜♪」 結町「……はっ! あれ……せんぱいや!」 結町「せんぱーいっ!」 佐藤「あ、おはよう結町さん」 男子A「え……えっ?! 誰?!」 結町「……!?」 結町(う、うわぁぁぁぁ!! せんぱいだけや思ったら、せんぱいのお友だちもおる〜!! し……知らん人と喋るん、こわい〜!!) 結町「し、失礼しまっ、します〜!!(タタタタタ」 佐藤「ちょ、結町さ〜ん?! ……行っちゃった」 男子A「え、佐藤、誰あの子?! え、なに、彼女?!」 佐藤「違う違う」 男子A「じゃあ、あんなかわいい子とどういう関係なん?!」 佐藤「あー……」 佐藤「……新しい“推し”?」 男子A「いやリアル後輩に“推し”てお前……」 ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはおまけテキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?