公式ツイッターやってます!

日々の観測記録 2022/3/17【通算54話】

2
1
【はじめに】 本シリーズを読むにあたっての諸注意を以下にまとめています。 初めての方は一度ご確認いただければ幸いです。 https://www.fav.fan/Likely_15Night/Dkdl6 ____________________________________ 黒影「……この角度、このパワーで蹴れば……」 バシュッ! ……カシュッ 黒影「ダメか……もう少しパワーを抑えた方がいいか……」 黒伊沢「ぶちょ〜さーん」 黒影「わぁ?! って、黒伊沢さんか……まだ帰ってなかったの?」 黒伊沢「うん。ずっと見てました」 黒影「ずっとって……もう遅いし、早く帰らないと家族が心配するよ?」 黒伊沢「それを言うなら、部長さんもそうでしょ?」 黒影「僕は……いいんだよ。遅くても」 黒伊沢「……色々あるんですねー」 黒伊沢「わたしも、もうちょっとなら大丈夫です。だから、見学してもいいですか?」 黒影「本当に大丈夫?」 黒伊沢「何か言われたら、お嬢の名前を出せばなんとかなります」 黒影「……参ったな」 黒伊沢「コソ練ですものね、見られたくないですか?」 黒影「……いや、もう見られちゃったしね。いいよ、気が済むまで見ていって」 黒伊沢「ふふ、許可を得ました。どーんと居座っちゃいます」 黒影「はは……」 * * * 黒影「ほっ……と」 黒影「……ここ!(バシュッ!」 ヒューン……カシュッ 黒影「タイミングがズレたか……」 黒伊沢「……あのー」 黒影「ん、どうしたの?」 黒伊沢「わたしがパス、しましょうか?」 黒影「え? いや、でも……」 黒伊沢「ほら、蹴りますよ〜……えいっ」 黒影「わわっ……!(バシュッ!」 ピシューン! 黒伊沢「おー、ナイスゴール」 黒影「もう、急にはやめてって」 黒伊沢「ふふー、でも蹴れたじゃないですか」 黒伊沢「部長さん、上手いですよね、ライジング。たぶん、この地区で、いちばん」 黒影「……そんなことない、買い被りすぎだよ」 黒伊沢「そうでしょうか? でも、お嬢なら今のパス、反応できませんよ」 黒影「どうかな……僕なんかより、細流さんの方が凄いって」 黒伊沢「……ねぇ、部長さん。やっぱり一回、私とパートナー、組みませんか?」 黒影「またその話?」 黒伊沢「わたしたちでパートナーを組んだら、きっと、すごく楽しいです」 黒影「いやいや、君にはもう、細流さんが……」 黒伊沢「分かっているんでしょう? わたしとお嬢、相性良くないって」 黒影「…………」 黒伊沢「わたしはお嬢と一緒だと、足引っ張っちゃうし。お嬢もわたしのやりたいこと、させてくれないし……」 黒伊沢「お嬢とわたしがもっと強くなるためには、パートナーを変えるという選択も、視野に入れないといけないんです」 黒伊沢「だから……お試しで、わたしと組みませんか?」 黒影「……別に、僕じゃなくてもいいんじゃないかな。それこそ、真田くんとか、清蓮さんに――」 黒伊沢「黒影さんとじゃないとイヤなんです(グイッ」 黒影「…………」 黒伊沢「……気付いてますよね? わたしのプレイスタイルと、あなたのプレイスタイル、組めば相性抜群だって」 黒伊沢「わたし……自分の本来のポテンシャルがどれくらいなのか、お嬢との今後のために、一度知っておきたいんです」 黒伊沢「あなたとなら、わたしの全力が、きっと出せます」 黒影「……無理だよ、僕じゃ」 黒影「僕なんてさ、部長なのに指示もしないし試合にも出ない、本気でライジングに取り組んでない奴なんだよ。そんな奴と組んでも、君に迷惑をかけるだけだ」 黒伊沢「本気じゃないなら、どうしてこんな遅い時間まで、練習してるんですか」 黒影「……さあ、どうしてだろうね」 黒伊沢「一度でいいんです。どうですか?」 黒影「……やめておくよ」 黒伊沢「……そう、ですか」 黒伊沢「すみません、なんか、熱くなっちゃって……こういうノリ、嫌いなのに、わたしらしくない……」 黒影「それだけ、君がライジングに本気って証だよ。……僕とは違って」 黒伊沢「…………」 黒影「練習、付き合ってくれるんだよね? ボールのパス、お願いしてもいいかな」 黒伊沢「……はい」 ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはキャラ設定テキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?