公式ツイッターやってます!

AIと一緒に紡ぐ物語 scenario.1『キミ曰く世界征服の第一歩は手芸から 第一話』

1
0
※この小説は「AIのべりすと」を使用し、AIとの共同執筆により作成しました。 https://ai-novel.com/index.php ■____________________________________■ 「さあ、愚かなる人類よ! 今こそ、世界が我が手中に堕ちる時!! 震え、畏れよ!」 そう言っているのは、恐ろしい魔王……とは似ても似つかない、手芸部(ウチの部)の可愛い可愛い部長さんでした。 ____________________________________ 第1話:世界征服はじめました ____________________________________ 話は数日前に遡ります。 それは、部活の新人勧誘が始まって、少し経った頃。 「えーと……今日から入部してくれることになった、田中君です」 手芸部に入部することにした私は、部室で先輩に紹介されて頭を下げました。 「田中といいます。よろしくお願いします」 すると、先輩の後ろにいた小柄な女の子が、私の前に歩み出てきました。 彼女は眼鏡の奥にある目を細めながら、私のことを上から下まで眺め回していました。まるで品定めされているような気分になって、ちょっと嫌な感じです。 「……ふむ」 そして小さく鼻を鳴らしてから、口を開きました。 「田中君か。なかなかいい名前だね。気に入ったよ」 「はぁ……」 なんでしょうこの人? 変な子ですね……。田中なんて有り触れた名前でしょうに。 そんなふうに思っていると、その子は腕を組んでうんうんとうなずいています。 「あの、あなたは?」 私がそう尋ねると、先輩が口を開きます。 「彼女は、こう見えてこの部の部長なんだ」 「部長?! いいや、違うね!」 すると、部長と呼ばれたその子は、高らかに笑い出すと、机の上に飛び乗りました。 「我こそは、後の世に名を知らしめす、魔王である!!」 …………はい? 一瞬何を言われたのか理解できませんでした。 いえ、言葉の意味自体はわかります。ただそれを、彼女が言ったという事実が、どうにも飲み込めなかったのです。 「魔王って、あの、物語とかに出てくる?」 「その通り! 我こそが、この世全てを支配する者なり!」 胸を張ってそう言い放つ彼女に、私は戸惑いを隠し切れません。 「あはは……この子、いつもこうだから、気にしないで」 先輩は苦笑いをしています。そりゃそうだ。いきなりこんなこと言われたら誰だって困惑するだろうし。 でもまあ、見た目は普通の女子中学生といったところでしょうか。背丈も小さいし、魔王というには程遠いように見えます。 「それで、どうしてまた魔王を自称しているんですか?」 「フッ……愚問だね。この世の全ての悪徳を統べる者……それが魔王だよ」 そう言って彼女はニヤリと笑っています。とても邪悪な笑みでした。質問の解答としては全く意味が分かりませんが。 しかし困りました。正直な話、あまり関わり合いになりたくないタイプかもしれません。 「さて田中君。君は何か得意なことはあるかい?」 「えっ? 特にないですけど……」 突然話を振られてびっくりしました。一体何なのでしょう。 「無いなら作ればいいじゃないか」 彼女はそう言うと、机の上に置いてあった鞄からスケッチブックを取り出しました。そしてページを開くと、ペンを走らせ始めます。 『田中くん』と書かれた横に、デフォルメされた可愛らしい男の子の絵を描きました。 「これが君だよ」 「へぇ。かわいいですね。でも、どういうことなんですか?」 「いいかね、人間というのは生まれながらにして皆罪を背負っているんだ」 「はぁ……」 また何かはじまりました。 「そしてその、生まれながらの罪にこそ、その人をその人たらしめる、根源たる感情が秘められている!」 「えーと、つまりどういう?」 「その心の奥底に眠る罪を、この紙上の君に宿すんだ! そうすれば、君に適した、身につけるべき特技が分かる!」 どういう理屈なのでしょうか。よく分からない理論です。 「では田中君、まずはそこに立ってみたまえ」 言われるままに直立不動の姿勢を取ります。 すると彼女は私の横に立ち、私と同じく直立不動の姿勢を取りはじめます。 そして私を見上げ、不敵な笑みを浮かべると、こう言い放ちました。 「分かったよ、君の罪が」 これだけで?! と、私は驚き、彼女を見下ろします。 するとそこには、先ほどまでとは打って変わって真剣な表情をした彼女がいました。 「君には、『自己評価の低さ』という大罪があるようだね」 「え?!」 図星でした。まさに今の今まで悩んでいたことを指摘されてしまいました。 確かに昔から、「自分は駄目な奴だ」「何もできない無能だ」などと自分を卑下する癖がありました。 しかしまさか、自分の悪いところを他人に見抜かれてしまうなんて……恥ずかしくて顔から火が出そうでした。 「君に相応しい特技……それは、自身の肯定感の低さを払拭できるような、自信を付けられる特技が適しているね」 「それは、一体?」 「そう! 自らの内面を形にし、露出する行為! 自分の全てをさらけ出す行為だ! すなわち……絵描きだよ!!」 そう叫ぶと、彼女は私の肩を掴みました。 「さあ、今すぐ美術室へ行くぞ!! 我についてきたまえ!」 「え、ちょ、ちょっと待ってくださいよ!」 そうして私は、半ば強引に部室を追い出されたのでした。 先輩に助けを求めようと振り返りますが、彼女は苦笑いをしながら手を合わせて謝っているだけでした。 * * *

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?