公式ツイッターやってます!

日々の観測記録 2022/11/1【通算86話】

0
0
【はじめに】 本シリーズを読むにあたっての諸注意を以下にまとめています。 初めての方は一度ご確認いただければ幸いです。 https://www.fav.fan/Likely_15Night/Dkdl6 ____________________________________ キーンコーンカーンコーン…… 男(終わった終わった。さっさと帰るか〜) 男「……けほっ、ごほっ」 神崎「――!(アタフタ」 男(神崎さん、なんかソワソワしてる……まさか、今の咳で心配させちゃった?) 男(なんか今日、風邪気味なんだよなぁ……神崎さんを心配させないためにも、家に帰ったら安静にしよう) * * * 男(のど飴舐めたらだいぶマシになったな……風邪じゃなくて、乾燥が原因かも) 男(晩御飯の時間まで、マンガでも読もうかな……) 男父「おぅい、息子」 男「え、父さん。今日早いね」 男父「まあな。それより、家の前にお前の学校の制服着た女の子が立ってたんだけど、友達か?」 男「……え?」 男父「お前も隅に置けないな〜このっこのっ! じゃあ父さん、風呂沸かしてくるから」 男「まさか……」 ガラガラガラ 神崎「ひゃっ!!」 男「あ、神崎さん!」 神崎「〜!!(タタタタタタ」 男「あ、待って!」 男「別に風邪引いたとかじゃないから、そんなに心配しなくていいよ〜!!」 男「……聞こえたかな?」 男(それにしても、俺の家の前まで着いてくるなんて……) 男(今日の神崎さん、がんばったなぁ……うんうん) * * * 〜 翌 日 〜 * * * 男(うん、今日は喉の調子もバッチリ。これなら心配もかけさせな――) 神崎「あ、あ、あのっ!」 男「えっ、神崎さん?!」 神崎「えっ、えっと、えーと……」 男「おはよう。そっちから声かけてくれるなんて、嬉しいよ」 神崎「ひぇ?! あ、えと、おはよ……ござ、ます……え、えへへ。……って、ちがっ、ちがう……」 神崎「こ、こ、これ! どうぞ!(ドサッ」 男「え、これは?」 神崎「〜///(タタタタタタタッ」 男(……行っちゃった。なんだろ、この袋) 男(……わっ、のど飴とか喉スプレーとか、喉ケア用のあれこれがいっぱい入ってる……!) 男(やっぱり優しいなぁ、神崎さんは。今度、お礼しないと) 男(……あれ、袋の奥に、まだ何か入ってる) 男(……これ、化粧水と乳液? それに、保湿用のリップクリームも。 ……さては、ドラッグストアで一緒に買って、袋から出し忘れたんだな。神崎さんはおっちょこちょいだなぁ) 男(本人はどこかに行っちゃったし、また放課後にでも返してあげよう) * * * キーンコーンカーンコーン…… 男(さて、神崎さんは……っと) 神崎「……(ジーッ」 男(うん。いつもの場所からこっちを覗いてるね) 男「神崎さーん」 神崎「ひっ?!」 男「ちょっと時間いいかな」 神崎「え、あ、えと、あの、あー……はい……いくらでも……!」 男「朝は色々くれてありがとうね。まずそのお礼を言いたくて」 神崎「いや、その、べ、べつに……えへへ……えへ……」 男「それと、袋の中にこんなのも入ってたんだけど……これ、神崎さんが使いたくて買ったやつじゃない?」 神崎「ふぇ?」 神崎「……あっ、えと、えーっと……け、化粧水と、乳液は、そうですけど……」 男「リップは違うの?」 神崎「……く、くち、くちび……る、カサカサ、してる……から……」 男「神崎さん……ありがとう。大切に使わせてもらうね」 神崎「た、たいせつ……?! い、いえ、その、その、あぅぅ……!」 神崎「……ぜ、ぜ、ぜんぶあげます!! つかってくださいぃ〜!!(タタタタタタ!」 男「え、ちょっ、神崎さーん?!」 男(……え、俺にこの化粧水とか使えってこと?) 男(元々神崎さんは自分用に買ったんだよな……じゃあ、神崎さんが普段顔に塗ってるやつなのか……) 男(……使うかぁ) ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはおまけテキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?