公式ツイッターやってます!

【再】日々の観測記録 2022/1/13【通算13話】

1
0
※今回の文章は2021年10月〜12月頃に執筆した内容となります。とはいえ初出です。 ____________________________________ 【概要】 ・自創作のキャラ同士が数行程度の会話してるだけのSSです。基本的に台詞オンリーだけど筆が乗ったら地の文も書くかも ・作品内にキャラやストーリーについての解説等はありません。本編が出来るのを待ってくださいお願いします ・毎日更新ではありません。最低でも一週間に一回更新出来ればいいかなーと思ってます ・いいね特典(限定公開範囲)は登場キャラの設定テキストのみ。本編はいいねしなくても全部読めます ____________________________________ ロキア「…………」 キリサギ「おつかれー、相棒。そっちも異常なし?」 ロキア「ああ」 キリサギ「いやぁ、それにしても驚いたぜ。まさか相棒まで海岸パトロールのバイト受けてたなんてな」 ロキア「一年の頃から、毎年やっている」 キリサギ「さっすが、相棒。正義感の塊だねぇ」 ロキア「……ただの暇潰しだ」 ロキア「無駄口を叩く余裕があるなら、さっさと持ち場に戻れ」 キリサギ「へいへい……ん?」 ロキア「どうした」 キリサギ「いや、あそこで泳いでる人達って……」 * * * モモカ「アリス〜、大丈夫?」 アリス「だ、大丈夫……大丈夫よ……」 レイア「絶対大丈夫じゃないよね?」 アリス「こ、今年こそは、泳げるようになるんだから……!」 モモカ「あんまり無理するんじゃないわよー」 * * * ロキア「あいつら……」 キリサギ「やっぱライジングレッドの奴らだよな? うわぁ、バイト中に出くわすとか最悪だ……」 ロキア「……動きがぎこちないな。今日は風向きも良くない、流されるかも知れない」 キリサギ「いや、真面目かっての! あいつら敵だぜ? そんな事気にしてやる道理は無いだろ?」 ロキア「敵か味方か以前に、俺達は今、ライフセーバーとして働いているんだ。そして奴らは今、守るべき遊泳者だ。くだらない争い事など、今は捨て置け」 キリサギ「かぁー、流石は勇者様だわ。カッコいいねぇ」 ロキア「奴らは俺が見ておく。お前はさっさと戻れ」 キリサギ「へいへーい」 ロキア「…………」 * * * アリス「はぁー……疲れた……」 モモカ「体力無さすぎー」 レイア「ほぼほぼ浮かんでただけじゃない」 アリス「浮くだけでも大変なの!」 アリス「でも凄い進歩だわ。こうやって浮き輪なしでも浮かべるようになったんだから」 モモカ「小学生でも出来る進歩よ、それ……」 モモカ「ちょっと飲み物買ってくるわ。レイア、アリスのこと見ておいてあげて」 レイア「はーい」 レイア「ねぇ、そんなプカプカ浮かんでるだけで楽しいの?」 アリス「案外楽しいわよ、レイアもどう?」 レイア「やめとく。変に溺れでもしたら大変だもの」 アリス「そんなに簡単に溺れないわよー」 レイア「そんな流されながら言われてもなー」 アリス「え? 流され……?」 アリス「ええええー?! な、流されてるー?!」 レイア「あははは! おもしろーい」 アリス「ちょ、助けなさいよー!」 レイア「行ってらっしゃーい」 アリス「ひとでなしー!」 アリス「こ、このままじゃ沖まで……で、でも下手に動こうとして溺れちゃったら……!」 アリス「――!? な、波が……!」 アリス「ごぼっ、ぶはぁ!! だ、だめ、体勢が崩れて……!」 アリス「うぅ、だ、誰か……ッ!」 ロキア「掴まれ!」 アリス「ふぇ?!」 アリス「あ、浮き輪……!」 ロキア「よし、引き上げるぞ。しっかり掴まっていろ!」 アリス「は、はい……!」 * * * アリス「はぁ……はぁ……」 ロキア「もう大丈夫だ」 アリス「あ、ありがとうございま……って、貴方は、前に道を教えてくれた人……!」 ロキア「……バイト中だ」 アリス「また助けられちゃったわね……本当にありがとう」 ロキア「……ああ」 モモカ「アリスー! 大丈夫〜?!」 アリス「あ、モモカ……!」 モモカ「も、も〜! レイアからアリスが流されたって聞いて、血の気が引いたわよー!」 アリス「ごめん……でも、この人が助けてくれたの」 モモカ「この人……って、誰もいないわよ?」 アリス「え……?!」 アリス「……いない」 モモカ「まあ、無事で何よりだよ……」 モモカ「それよりレイアのやつ! しっかり見とけって言ったのに! 後でお説教してやるー!」 アリス「あはは……」 アリス(……あの人、どこ行っちゃったんだろ) * * * ロキア「…………」 レイア「やっほ〜」 ロキア「ルーチェ……いや、違う。ライジングレッド側のフィクサーか」 レイア「そういう君は、ブルーアビスのロキア君でしょう? 奇遇だね」 ロキア「……悪いが、今はブルーアビスのロキアではなく、ライフセーバーのロキアだ。貴様らとやり合うつもりは毛頭ない」 レイア「あはは、いい子いい子。やっぱり思った通り、アリスちゃんを助けてくれたねー」 レイア「でも、バイト中とはいえ敵であるアリスちゃんを助けるなんて、お人好しねぇ。見殺しにもできたはずでしょ?」 ロキア「……無為に命を奪うつもりは無い。卑劣な貴様らとは違ってな」 レイア「あーらら、甘ったれた考えだね。あの子の影響が強いのかな」 ロキア「ルーチェは関係ない。俺は俺の意思でそう志している」 レイア「ふふ、面白い人〜」 レイア「一応お礼を言っておくわ。アリスちゃんを助けてくれてありがと、ロキア君。またね〜」 ロキア「……ふん」 ―TODAY'S END― ____________________________________ 【注意】 ※本編はここで終了となります。続きはキャラ設定テキストだけですので、予めご了承の程をよろしくお願いいたします。

このクリエイターの人気記事

投稿してみませんか?